HOME >  保湿の強い味方!知っておきたいセラミドの知識とは >  保湿力を高めるセラミド化粧品の使い方

保湿力を高めるセラミド化粧品の使い方

セラミド配合アイテムと言えば、代表的なアイテムが化粧水ですね。製品にもよりますが、基本的にセラミド配合化粧水は、とろみのあるテクスチャーでお肌に浸透しやすいよう作られています。若い世代はとくに、化粧水だけセラミド配合のものを使用している方も多いようですよ。

また、セラミドはお肌への刺激も少ないため、朝、晩使ってOK。お気に入りの化粧水を手に入れたら、次のポイントを意識して使ってみましょう。

よりお肌に潤いを与えられるセラミド化粧品使用のコツ

じっくりとハンドプレスをする

潤い効果を高めるには、セラミドをしっかりと浸透させることが重要です。洗顔後に化粧水を手に出したら、コットンは使わずに手の平で顔全体を包み込むようにして優しくつけていきます。手の熱で化粧水が温まることでより浸透しやすくなるので、数回程度じっくりとハンドプレスしましょう。強くパッティングしたり、こすったりすると、色素沈着の原因になるので要注意。

ハンドプレスで化粧水をつけることによるメリットはいくつもあり、浸透力が高まることやコットンを使用した際の刺激を回避できることなどのほかに、自分の手で顔を包み込むことでリラックス効果を高めることがあります。 試しに今、ご自分の両手で頬をやさしく包み込むようにプレスしてみてください。 手のひらの温かみを感じ、リラックスするのを感じませんか?ほかにも、手のひらでマッサージをすることで血行を促進させる効果もあり、自分の手のひらで顔の肌の調子を確認できることなども挙げられます。

ただ、手のひら全体に化粧水をなじませることになるので、手のべたつきが気になる、時間のない時にやるのが面倒といったデメリットもあります。 そのため、必ずハンドプレスをしなければいけないというわけでもなく、忙しい朝の時間帯に手早くやろうとして爪で肌を傷つけたりしないよう、状況に応じてコットンのパッティングなどに切り替えることも可能です。

ハンドプレスをするときには、パッパとつけていけばいいのではなく、3秒ほどやさしく肌を押さえてあげることが浸透しやすくさせるポイントですので、時間のある時に行うのがベストです。 おすすめは、お風呂に入って寝る前の血行が良くなってリラックスできる時間帯です。ゆっくりじっくりスキンケアをすることで、1日の疲れを解消することにもつながりますし、寝つきもよくなりますよ。

乾燥が気になる時は重ねづけを

セラミド化粧水の特徴のひとつが、浸透するとわりとすぐに皮膚表面がさらっとすること。浸透の目安としては、何度かハンドプレスをしてお肌がもっちり吸い付くようになればOK

それでもお肌がつっぱるような時は、再度化粧水を重ねづけします。肌のコンディションが悪かったりすると、皮膚が化粧水を吸収しにくくなっているので、少量ずつ重ねづけすると効果的ですよ。 セラミドはもともと皮膚の細胞間にある成分ですので、パシャパシャ浴びるようにつけるのではなく、細胞と細胞の間に浸透するように、じっくり少しずつつけていきましょう。

また、保湿した成分が逃げていかないように、保湿クリームなどをかさねづけして、フタをしてあげるのも効果を持続させるコツです。セラミド入りの化粧水を使用しても保湿効果が感じられないという人は、こういったつけ方のポイントにも注意してみてください。

セラミドが保湿にいい理由

化粧水で肌の保湿力を高める成分はいろいろありますが、セラミドが特に効果的な理由があります。セラミドは、もともと肌の細胞と細胞の間にある細胞間脂質です。 脂質という名の通り水分ではないので、セラミド入りの化粧水を使うことは、肌に水分を与えることだけが目的ではありません。セラミドは本来、角質の細胞と細胞をつなぎ合わせて、外部刺激から肌を守ったり肌の水分を蒸発させないような防御力として働くものなのです。

また、セラミドにはいくつか種類があり、肌の水分を保持する働きを持つものもあります。 肌の潤いを保つのに欠かせないセラミドですが、加齢や洗顔のし過ぎなどによって少しずつ失われていきます。こどもの肌は特にスキンケアしなくても、いつでもピチピチですよね。

こういった理由からセラミドが減ってしまうと、肌の潤いが失われ、さまざまな肌トラブルが起こってしまいます。セラミドの減少による肌トラブルを防ぐには、一時的に水分を補給するだけのスキンケアよりも、細胞間にあるはずのセラミドを直接外から補給してあげることが効果的なのです。 その補給するものがセラミド入りの化粧水ですが、コラーゲンやヒアルロン酸などのほかの保湿成分も入っているものが、より効果を高めてくれます。

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分は、セラミドとは水分を保持するタイプが異なり、角質の層まで浸透しにくく、水分を抱え込んで肌の表面で保湿する効果があります。 これらの保湿成分は、角質の層となって水分を閉じ込めるセラミドより保湿力は劣りますが、タイプの異なる成分を併用することでさらに効果がアップします。ただ、一番の目的はセラミドですので、ほかの成分よりセラミドの配合量が多いものを選ぶようにしましょう。

まずはトライアルセットでお試し使用してみよう!

セラミド化粧品は、たった一度の使用でもその保湿力を感じることができます。肌質改善するためには1ヶ月以上の使用が必要となってきますが、トライアルセットで数日間お試しするだけでも、充分その魅力に気付けるはず。 このサイトでは、お手頃価格で購入できる5ブランドのトライアルセットを厳選し、3日間体験したレポートを掲載しています。ご参考になること間違いなしなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選