アトピーやニキビとの関係

セラミドで乾燥を改善すれば、ニキビもできにくくなる!

ニキビというと、脂分の多い肌にできやすいイメージがありますが、大人になると乾燥肌でもニキビができやすくなります

乾燥が原因で起こる皮膚の過角化とは

お肌が乾燥すると、皮膚が外部の刺激から自らを守るために角質層が厚くなる「過角化」が起こることがあります。過角化した皮膚は、毛穴がふさがって皮脂が溜まりやすくなり、乾燥しているのにニキビができやすい状態になるそうです。

この過角化を引き起こす原因になるのが、角質層の水分不足=セラミド不足です。セラミドが不足し、バリア機能が低下することで過角化が起きます。お肌のターンオーバーも乱れてしまうので、古い角質がはがれ落ちずに硬くなって、さらに過角化を進行させてしまうようです。

乾燥肌でニキビができる人は、皮膚が過角化しないようにセラミドを補うことが大切。セラミドには保湿とバリア機能を高める働きがあるため、しっかりと乾燥肌を改善していくことで、ニキビ予防にもつながります

アトピーとセラミドの関係性について

セラミドと言えば、アトピーに効果的なことでも有名な成分ですね。アトピー性皮膚炎の原因はハッキリとは解明されていませんが、アトピーの方は極端に皮膚内のセラミド数が少なく、それによって肌のバリア機能が著しく低下することが分かっています。

肌がカサカサになってかゆみが出たり、掻きむしることで炎症が悪化したり…。これらの原因のひとつが、セラミド不足なんですね。

優秀保湿成分・セラミドに期待できる効果

セラミドは、あらゆる保湿成分の中でもとくに優れた効果を持っていて、肌のバリア機能を底上げする働きがあることから、症状の緩和にも効果的です。過去に行われた臨床実験では、セラミドによる次のような作用も確認されています。

  • 皮膚に優れたアレルゲン耐性を増す
  • 皮膚の老化やストレス予防に役立つ
  • かゆみを抑える作用がある

アトピー治療にはきちんとした専門医にかかることは必要不可欠ですが、症状が軽い場合は、日常ケアにセラミド化粧品を取り入れてみるのも良いかもしれません。その際は、より肌への刺激が少ない植物性セラミドを配合した、無添加の製品がおすすめです。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選