敏感肌・乾燥肌の方のためのセラミド化粧水ガイド
HOME >  保湿のためのセラミド基礎講座 >  セラミドと肌の関係

セラミドと肌の関係

保湿力の高い美容成分「セラミド」。このセラミドとはどのようなものかご存知ですか?

お肌のハリも老化の始まりもセラミドが原因

セラミドは細胞間脂質の主成分で、全体の約45%も占めおり、肌表皮の一番外にある角質層で水分を保持する効果があります。

また、細胞同士をつなぐ働きをしているので、セラミドが備わっていることで外部の刺激からお肌を守るバリアの役割りも果たします。

年齢とともにセラミドが減少してしまうと、細胞同士がスカスカになりお肌の弾力が失われますし、バリアが破壊され外からの刺激を取り込んでしまうことになるのです。

このバリアが破壊されると細胞内のコラーゲンやエラスチンが減少して老化がどんどん進んでしまいます。

また、いわゆる敏感肌と呼ばれる肌質の方は、元々このセラミドが不足している傾向にあり、ちょっとしたことで肌荒れが起こってしまうのです。

お手入れ方法を間違えないで

お肌の老化を感じたら、アンチエイジングケアとしてコラーゲンやエラスチンを補給するために、高価な化粧品を使う方も多いでしょう。ですが、保湿成分を安定させる役割のあるセラミドが不足している肌は、せっかくのコラーゲンやエラスチンをうけつけないのです。

そのままにしておくと、肌は乾燥して敏感になってしまいます。また、乾燥したお肌は水分蒸発を食い止めようとして角質を厚くします。これが原因で肌のターンオーバーを遅らせ、くすみや毛穴のつまりを引き起こしたり、ニキビの原因になったりします。

お肌のトラブルを感じたら、原因がセラミド不足の可能性が高いです。まずこちらを補うことが、乾燥肌・敏感肌を改善する第一歩となるのです。

アトピー治療にも使用されるセラミド

セラミドを含んだ化粧品は、敏感肌の方でもに研究されているところが多いです。また、アトピー性皮膚炎の原因にもセラミド不足が指摘されているため、皮膚科などでセラミド化粧品が処方されていることも多々あります

セラミドを効率よく取り入れることで、アトピー肌や敏感肌、乾燥肌も改善していきたいですね。

コンテンツ一覧