HOME >  保湿の強い味方!知っておきたいセラミドの知識とは >  良いセラミド化粧品の選び方

良いセラミド化粧品の選び方

このページでは、優れたセラミド化粧品の選ぶポイントについて解説。しっかりと肌のバリア機能を高めるために着目したい3つのポイントをお伝えしています。

ここをチェック!セラミド化粧品の選び方のポイント

セラミド化粧品といってもその種類はさまざま。原料、成分の種類、添加物などについて、しっかりチェックしておくことが、理想のお肌を手に入れる秘訣です。効果を得るために、セラミド化粧品を選ぶ際は次の3つのポイントに着目しましょう。

植物性セラミドが配合されているか

乾燥・敏感肌の人におすすめしたいのが、植物性セラミドを配合した製品。セラミドには、動物性、植物性、ヒト型、合成といった4つの種類がありますが、最もお肌に優しいのが植物性セラミドと言われています。原料は、お米やこんにゃくなどの食べられるものなので、安全性の高さは一目瞭然ですね。人間の肌にも浸透しやすく、100%天然の力で美肌を育んでいけます。

メインはセラミド!その他の有効成分は少なめを選ぶ

化粧品には配合できる成分の量にかぎりがあります。美容成分が多いほど効果があるように見えますが、他の成分数が多いほどセラミドの配合量割合が少なくなってしまうのです。セラミドは単体でも「保湿×バリア機能のサポート」という素晴らしい効果を持つ成分。その他の有効成分は、多くても5~6種類程度のもので充分です。セラミド以外には、ヒアルロン酸などの保湿成分、肌荒れを抑える成分などが配合されたものが、敏感肌のケアにはより効果的です。

刺激がないか、成分表示をしっかりチェック

化粧品を使ってピリピリしたり、赤みが出る最大の原因とされるのが、化粧品に含まれている合成成分。今現在、肌に刺激があると言われる成分には、パラペン、アルコール、紫外線吸収剤、界面活性剤、鉱物油、着色料、香料、旧指定成分などがあります。せっかくセラミドで肌機能を高めても、これらの合成成分の刺激が元で肌トラブルが起きる可能性も。大切なお肌を守るためにも、少なくとも6~8項目は無添加の化粧品を選ぶようにしましょう。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選