HOME >  保湿の強い味方!知っておきたいセラミドの知識とは >  食べ物からでも摂取できるの?

食べ物からでも摂取できるの?

【結論】セラミドは食べ物からも摂取することが可能

化粧品の保湿成分として定番のセラミドですが、実は食べ物からも摂取ができます。代表的な食品として挙げられるのは、米ぬか、小麦胚芽、大豆、こんにゃく芋、牛乳など。中でもこんにゃく芋には、米や小麦の7~16倍の豊富なセラミドが含まれていて、化粧品の原料などにも使用されています。

なお、セラミドの1日に必要な量は600μg(マイクログラム)ほど。お米ならご飯25杯分、小麦だとスパゲッティ3皿分の量に相当します。日常の食事だけで必要量を満たすことは難しいかもしれませんね。

積極的に摂取したいセラミドを増やす食べ物

セラミドは、もともと私たちの体内で生成される成分です。美肌キープのためには、日頃から以下の食品を摂ってセラミドを補いましょう。

  • セラミドを多く含む黒色の食べ物
    黒豆、小豆、ワカメ、ひじき、ごぼう、そば、コーヒー、紅茶など
  • 血行促進作用でセラミド生成を促す白色野菜
    玉ねぎ、じゃがいも、里芋、カリフラワー、白菜、キャベツ
  • 抗酸化作用でセラミド生成を促す緑黄色野菜
    にんじん、ほうれん草、トマト、ピーマンなど

セラミドを減らしてしまうリノール酸

一方で、中にはセラミドを減らす栄養素もあります。代表的な栄養素が、リノール酸。過剰に摂取するとセラミドを減少させて、乾燥肌やアトピーのアレルギー症状の要因にもなります。リノール酸は、グレープシード、ひまわり油、べにばな油などに多く含まれるので、これらの油の摂りすぎには注意しましょう。

確実に効果を得るなら、セラミドは肌に直接塗るのがベスト

食事以外に、セラミドはサプリメントなどからも摂ることができますが、美容効果を得るには、肌に直接アプローチできる化粧品が最も効果的です。セラミドは、角質層という皮膚の中でも最も表面に近い場所に存在しています。化粧品は、ダイレクトにお肌を潤してくれるため、サプリメントなどで体内を巡って補われるよりかは、効果が高いのは歴然ですよね。

また、角質層より奥の真皮にあるヒアルロン酸と比べると、より肌に浸透させやすいのがセラミドの魅力。ぜひともセラミド化粧品を活用して、潤いのある美肌を育くんで下さいね。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選