HOME >  保湿の強い味方!知っておきたいセラミドの知識とは >  セラミドは効果がないって本当?

セラミドは効果がないって本当?

効果がないのは勘違い?セラミドの特殊な保湿効果

一部では「セラミドは保湿に効果がない」とも言われているようですが、それは大きな勘違い。セラミドは保湿成分の中でも特殊な働きを持っており、それゆえに効果がないと勘違いされているケースが多いのです。その内容について、説明していきますね。

重ためテクスチャの化粧水に慣れていると効果が出るまで時間がかかる?

セラミド配合の化粧水を使うと分かりますが、保湿化粧水のわりにはさらっとしていて、いわゆる高保湿化粧品特有のつけた後の重さがありません。これはセラミドが肌の内部で作用する成分のため。

代表的な保湿成分であるヒアルロン酸、コラーゲンは、自らが水分を保持する性質を持っています。一方、セラミドは脂質の一種なので水分を保持することはなく、水分と分離して層を作ることで、皮膚内部の水分を逃さないよう蓄えているのです。この層をラメラ構造といって、ラメラ構造が整うことでお肌のバリア機能も強くなっていきます。

そのため、セラミド化粧品から効果を得るには、じっくりと時間をかけて肌内部の機能を高めることが大切。保湿力が足りないからといってすぐにやめずに、最低でも1ヶ月は続けてみるようにしましょう。

化粧品で失敗を防ぐために確認したいこと

セラミド化粧品を使って効果がないと感じられる場合、次のようなケースも考えられます。

  • セラミド以外の成分が肌に合っていない
  • 化粧品に添加されている合成成分に反応が出ている
  • そもそものお手入れ方法が間違っている
  • いろいろなメーカーの化粧品をちゃんぽんして使っている

年齢を重ねた大人の肌はデリケートなので、ちょっとした刺激や間違ったケアでもトラブルが出ることがあります。セラミド化粧品自体も使われている原料や、添加物はさまざまなので、なかなか原因を特定するのは難しいですね。

とくに敏感肌の方はトラブルが出やすいので、失敗を防ぐには、購入前にトライアルキットでお試しするのが安心でしょう。このサイトでは、お手頃価格でトライアルセットが購入できる化粧品の情報や、実際にモニター体験したレポートを掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選