HOME >  保湿の強い味方!知っておきたいセラミドの知識とは >  セラミドにアレルギーの反応が出ることはある?

セラミドにアレルギーの反応が出ることはある?

セラミドは、もともと人の皮膚の表面に存在しているものですが、セラミド入りの化粧水やクリームを使用して、アレルギー反応のような症状が出る人もいるようです。

セラミドの成分にアレルギーの反応が出るということは、本当にあるのでしょうか?

セラミドの種類によっては体質に合わないことも

セラミドは本来人間に備わっているものなので、肌に合わないというのもおかしな話ですね。 セラミド化粧品が肌に合わなかったという人は、セラミドの原材料が関係しているのかもしれません。

ヒト型セラミドなら心配なし

人間の皮膚にあるセラミドと同じ構造で作られているヒト型セラミドなら、アレルギーの心配はないといえます。

植物性セラミドの原材料がアレルゲンの可能性も

植物性セラミドは、天然素材が原料なので安全なようにも思いますが、その原材料は米や麦、トウモロコシなどの穀類が多く、こういった植物にアレルギー反応を起こす人は少なくありません。 アレルギーをお持ちの方は、セラミド化粧品を選ぶ際にも、原材料に十分注意するようにしてください。

合成セラミドの原料である石油が刺激になることも

石油を原料とした合成セラミドは、安価なため容易に手にすることができますが、刺激が強いので、敏感肌の人はかぶれることもあります。

セラミド以外の成分にも注意

セラミド化粧品を使用してかぶれた場合、「セラミドに原因があるのでは・・・」と思いがちですが、原材料に問題がなければ、セラミド自体にアレルギーを引き起こす問題はありません。 ヒト型セラミドや、アレルゲンのない原材料のものを使用していて肌に異常が現れた場合、セラミド以外の成分に注目してみてください。

防腐剤が原因かも?

ほとんどの化粧品には、長期間品質を保つために防腐剤が配合されています。 防腐剤が入っていないと、化粧品はすぐに劣化してしまい、毎日手軽に使い続けるのが難しくなります。 多く使われている防腐剤は「パラベン」という石油から作られた成分です。 パラベンは、ほかの防腐剤に比べて毒性や副作用は少ないとされていますが、それでもアレルギーや肌トラブルを引き起こす可能性があると言われています。

アルコールにも注意したい

最近では、防腐剤であるパラベンを配合していない「パラベンフリー」の製品も増えてきています。 だからといって、防腐剤がまったく入っていないわけではありません。 化粧品の品質を維持するには、防腐剤は不可欠なのです。 パラベンを使用していない場合、エタノールなどのアルコールを防腐剤代わりにしていることも多いです。こちらも少量ではありますが、アルコールアレルギーの人もいますし、アルコールの刺激に反応してしまう人もいるので、セラミド以外の成分もしっかり確認しておく必要があります。

アレルギーが出ないかどうか成分や使い心地をチェック!

セラミドの化粧品を選ぶ際には、ヒト型セラミドか原材料にアレルゲンのないもの、添加物の少ないものを選ぶのが安全です。 ご自分のアレルゲンが何かわからないという人は、皮膚科などでアレルギー検査をしてもらうのもおすすめですよ。 セラミド化粧品は種類がたくさんあって安全なものを選ぶのも一苦労ですが、このサイトでは、セラミドの種類、成分、添加物の項目で厳選した5つのおすすめ商品をご紹介しています。 敏感肌の人やアレルギー体質の人でも安心して使える商品がそろっていまうので、ぜひ参考にしてくださいね。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選