HOME >  癖のあるお肌にセラミドが効果的な理由とセラミド化粧水の選び方

癖のあるお肌にセラミドが効果的な理由とセラミド化粧水の選び方

セラミド化粧水

エイジングケアで力を入れたいポイントは、やはり肌。ただ、「一体どんな化粧水を使ったらいいんだろう?」「敏感肌だから、下手な化粧水つけたら余計に荒れちゃう」といった悩みを持つ方も多いはず。

そんな皆さんにおすすめなのが、セラミド成分配合の化粧水。でも、そこで気になるのが「セラミド化粧水って一体何なの?」という点。

そんなわけで、今回は肌荒れに悩む皆さんのためにセラミド化粧水を選ぶメリットと、それぞれの肌質に合わせた化粧水の選び方をご紹介します。

そもそもセラミドって何?

セラミドとは、お肌の角質細胞と角質細胞の隙間を埋める「細胞間脂質」と呼ばれる成分の一つ。乾燥を始めとした外部刺激・生活の乱れ及び加齢によって減少する傾向にあります。

セラミドの役割

では、そんなセラミドは果たしてどのような働きをしてくれるのでしょうか?

まず、一つ目は肌の潤いを保つ役割。セラミドがたっぷりと満ちているお肌は、肌に含まれている水分が大気へと抜けにくく、潤いをきっちりキープしてくれます。その一方で、セラミドが足りていないお肌からは水分がドンドン抜けていってしまうので、肌が乾燥しやすくなってしまう傾向にあるようです。

二つ目は、外部刺激から肌を守る役割。セラミドが正常に働いている肌は、日光の刺激を始めとする様々な刺激に対して強固な守りを見せてくれます。しかし、セラミドが足りていないお肌はそのような刺激に対して打たれ弱く、肌が荒れやすくなってしまうともいわれています。

オイリー肌

洗顔した後、いい気分になっていると、いつの間にか肌がべたついてテッカテカになってしまっているといった経験のある貴方は、もしかしたら「オイリー肌」かもしれません。オイリー肌は、化粧崩れを起こしやすいだけでなく、何より顔がテカテカして目立ってしまうのが困りもの。

オイリー肌の対策と化粧水の選び方

そんなオイリー肌の対策は、まず食習慣を改めるのがおすすめ。脂分の摂取を控えめな食生活を心がけましょう。

スキンケア対策としては、脂取り紙で、ひたすら対処すると言った方法もありますが、人前で脂取り紙を使用するのは、やはり恥ずかしいですし、だからといって化粧室に頻繁に駆け込むのも気が引けます。そんな方は一度化粧水を選び直してみましょう。

化粧水を選ぶ上で大事なのは、まず保湿成分に優れたものを選ぶこと。「皮脂で保湿はできてるんだから、いらなくない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、保湿を行わないと乾燥を防ごうとした肌が余計に皮脂を分泌してしまうので、放置していると皮脂のべたつきは更に悪化してしまうのです。

そんなオイリー肌の方は、保湿に対して有用な成分であるセラミドを主成分にした、セラミド化粧水はまさしくぴったりであると言えます。

次に、含有されている成分を見ましょう。含まれていると嬉しい物質は「ビタミンC誘導体」と「クエン酸」。

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑える効果があるとされており、クエン酸には肌を引き締める効果が期待できます。ちなみに「ビタミンC誘導体」といった成分表示はされておらず、「リン酸アスコルビルリン3Na」や「リン酸アスコルビルMg」といった成分が、ビタミンC誘導体に当たります。

乾燥肌

「なんだか最近肌からハリがなくなったなぁ…」「小じわが目立つようになってきたなぁ…」と、いった悩みをお持ちの方は、もしかしたら乾燥肌かもしれません。

乾燥肌とは、皮脂分泌量が低下してしまい、角質細胞間脂質や天然保湿因子が減少してしまっていることが原因となって引き起こる肌トラブルの一つ。その名の通り肌が乾燥してしまい、時にはかゆみなどを伴うことも。目元は特に顕著に影響が現れる部分で、シミや小じわなどが非常に目立つようになってしまいます。では、そんな乾燥肌にはどのように対処したらいいのでしょうか。

乾燥肌の対策と化粧水の選び方

まず注意したいのはダイエットや偏食。ただでさえ皮膚が弱っている状況なのに、ダイエットで栄養をカットしてしまうと、十分な栄養素が肌にまで届かず、更にハリとみずみずしさを失っていくことになります。オイリー肌の方もそうでしたが、バランスのとれた食事をとることが大事。

また、乾燥肌にはセラミド化粧水の恩恵が他と比べて一層強く得られる肌質であると言われています。乾燥肌の一因は、肌のセラミド成分が失われてしまっていることにあるので、足りないセラミドをたっぷりと補給することの出来るセラミド化粧水は相性がとてもいいのです。

含まれていると嬉しい成分は、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」など。それぞれ弾力性やみずみずしさを保つ効果があると言われている成分です。逆に「アルコール類」や「ハイドロキノン」などはNG。

これらの成分は肌を乾燥させてしまう効果があるとされているので、使用してしまうと逆に肌を悪化させてしまうリスクが生じるので注意してください。

混合肌

肌の別々の部分でベタつきとカサつきを感じるような方は、もしかしたら混合肌かもしれません。肌はおでこから鼻にかけては皮脂の分泌が激しくなりやすく、その一方で顎から耳下にかけてのフェイスラインは逆に皮脂の分泌が減少する傾向にあり、それぞれの部位でオイリー肌と乾燥肌を別々に発症してしまうこともあるのです。

混合肌の対策と化粧水の選び方

混合肌対策は、他の二種と同じくまずは食生活を改めること。そして、夜更かしなどでホルモンバランスを崩しがちの方はまず生活習慣を正すことから始めましょう。体調不良や寝不足でも肌の状態は変化するのです。

混合肌は上述した二種類の肌質の合併症のようなものなので、共通した問題点上述した二種に有用なセラミド化粧水はもちろん効果を期待することが出来るでしょう。その中でも優先して選びたいのは特に保湿成分をたっぷりと含んでいるもの。保湿効果はオイリー肌にも乾燥肌にも有用に働きます。

しかし、注意したいのはオイリー肌で有用だった「ビタミンC誘導体」が含まれているものは使わないこと。こちらは皮脂の分泌を抑制する働きをもつため、摂取してしまうとオイリー肌は改善されても、乾燥肌にとっては逆効果となってしまいます。

敏感肌

「洗顔後は顔がヒリヒリする」「アレルギーで肌が荒れやすい」、そんな方々は敏感肌に分類されます。

敏感肌で何よりやはり困るのは、ただヒリヒリするだけではなく、洗顔やアレルギー物質などに触れることで肌の一部分が赤くはれ上がってしまうこと。スキンケアのために洗顔や化粧水をつけても、寧ろ肌に悪影響を与えてしまいます。

敏感肌の対策と化粧水の選び方

そんな敏感肌の方の対処法は実に様々。というのも、敏感肌の原因となった理由次第で対処法は変化するからです。不規則な生活習慣や偏った食事をしているかたは、まずはそちらを直しましょう。ただし、アレルギー性の敏感肌の方は正しい食事・生活習慣を心がけても、効果が薄い点に注意です。

そんな敏感肌ともセラミド化粧水の相性は良好です。セラミドは元々体内で生成されるものというだけあって、アレルギー反応を起こすことはありません。ただし、添加物にはくれぐれも注意。自身が何のアレルギーであるのか前もって医者で調べておき、どのような成分に自分の肌が反応してしまうのか把握しておきましょう。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選