HOME >  若い子に負けない!アラサーから始めるスキンケア方法 >  正しいクレンジングや洗顔方法

正しいクレンジングや洗顔方法

セラミド不足は、間違った洗顔が原因かも…?

年齢肌の乾燥の原因にもなっているセラミド不足ですが、実はセラミドを失う一番のリスクが、間違ったクレンジングや洗顔なのだそうです。

洗顔はゴシゴシするのが気持ちいい!という人もいますが、30歳を過ぎたお肌にそれは厳禁。洗顔時にゴシゴシ洗いすぎると、必要な油分まで取り去ってしまい、肌のセラミドが減少して乾燥を招いてしまいます。

化粧品でお肌が潤わない人は、もしかしたら洗顔方法が間違っているのかもしれません。

とは言え、スキンケアをする上では、洗顔やクレンジングで皮膚を清潔に保つのは重要なことです。年齢肌には、優しい洗顔を心がけるのがポイントです。

潤いを残す!年齢肌の正しいクレンジング&洗顔方法

市販の洗顔料やクレンジング剤には、汚れを落とすための界面活性剤が含まれています。これらの界面活性剤は、合成成分の中でもとくに刺激が強く、セラミドを溶かしてしまう可能性もあるので、30代からは製品選びにも注意が必要です。

以下に大人の女性におすすめの低刺激アイテムや、正しい洗顔方法をまとめたので、よかったら参考にしてみてご覧下さい。

クレンジング

  • おすすめアイテム:クレンジングミルク+ポイントメイク落とし

大人の女性には、最も低刺激なクレンジングミルクがおすすめ。オイルとは違い、セラミドを溶かすリスクもなく、肌の潤いは残しつつ優しくメイクが除去できます。目元はとくに皮膚が薄いので、強くこするとシワの原因になるので要注意。それを避けるには、目元のみポイントメイク落とし(オイル)を使うと良いです。

洗顔

  • おすすめアイテム:保湿成分入りの無添加の洗顔料

洗顔料も、界面活性剤や合成ポリマーが極力使われていない、無添加の製品を選びましょう。潤いを残して洗うポイントは、これでもかというくらい洗顔料をふわっふわに泡立てること。洗顔ネットなどを使うと、きめ細かい泡がカンタンに作れるので、素肌はこすらずに泡を滑らせるようにして優しく洗います。この方法で洗うと、洗顔後はお肌がしっとりしますよ。市販品の中には、セラミド入りの洗顔料もあるので、そちらを使えば保湿力はさらにアップします。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選