HOME >  若い子に負けない!アラサーから始めるスキンケア方法 >  正しいクレンジングや洗顔方法

正しいクレンジングや洗顔方法

セラミド不足は、間違った洗顔が原因かも…?

女性洗顔

年齢肌の乾燥の原因にもなっているセラミド不足ですが、実はセラミドを失う一番のリスクが、間違ったクレンジングや洗顔なのだそうです。

洗顔はゴシゴシするのが気持ちいい!という人もいますが、30歳を過ぎたお肌にそれは厳禁。洗顔時にゴシゴシ洗いすぎると、必要な油分まで取り去ってしまい、肌のセラミドが減少して乾燥を招いてしまいます。

化粧品でお肌が潤わない人は、もしかしたら洗顔方法が間違っているのかもしれません。

とは言え、スキンケアをする上では、洗顔やクレンジングで皮膚を清潔に保つのは重要なことです。年齢肌には、優しい洗顔を心がけるのがポイントです。

潤いを残す!年齢肌の正しいクレンジング&洗顔方法

市販の洗顔料やクレンジング剤には、汚れを落とすための界面活性剤が含まれています。これらの界面活性剤は、合成成分の中でもとくに刺激が強く、セラミドを溶かしてしまう可能性もあるので、30代からは製品選びにも注意が必要です。

以下に大人の女性におすすめの低刺激アイテムや、正しい洗顔方法をまとめたので、よかったら参考にしてみてご覧下さい。

クレンジング

  • おすすめアイテム:クレンジングミルク+ポイントメイク落とし

大人の女性には、最も低刺激なクレンジングミルクがおすすめ。オイルとは違い、セラミドを溶かすリスクもなく、肌の潤いは残しつつ優しくメイクが除去できます。目元はとくに皮膚が薄いので、強くこするとシワの原因になるので要注意。それを避けるには、目元のみポイントメイク落とし(オイル)を使うと良いです。

メイクに応じてクレンジングを使い分け

メイクの濃さは人それぞれ。それに、お肌の状態やお出かけする場所によってメイクの濃さを変えることもあるでしょう。にもかかわらず、クレンジングはすべて同じものを使ってはいませんか?

商品によっては、肌のセラミドが流れ出てしまう可能性があります。とくに気をつけたいのが、界面活性剤が入っている商品。どうして界面活性剤入りのクレンジングを避けたいのかというと、洗浄力を高める界面活性剤の利用で、肌のセラミドやアミノ酸が流れ出てしまったという研究結果[注1]があるからです。

濃いメイクを落とすためにはある程度洗浄力の高いクレンジングも必要ですが、なるべく普段のメイクでは優しいクレンジングを使うようにしましょう。

長時間洗いすぎない

セラミドを守るために覚えておきたいのが、長時間の洗いすぎはやめておいたほうがよいということ。メイクの成分は、汗によって落ちるのを防ぐために油分がたくさん使われています。クレンジングでは、本来混ざらない油と水をなじませる界面活性剤を使うことで、水やお湯を使ってメイクを落とすことができるのです。

ただ、先ほどご紹介した論文[注1]でも触れられている通り、界面活性剤入りの商品を使ってクレンジングすると、

  • 皮膚の表面にある皮脂
  • アミノ酸
  • セラミド

が流れ出てしまうという結果が出ています。洗濯物の頑固な汚れを落とすときは漬け置き洗いをするのと同じで、界面活性剤を長時間肌に触れさせておくのはおすすめできません。クレンジングは手早く、1分を目安に終わらせるようにしましょう。

すすぎはぬるま湯で

クレンジングを落とすためのすすぎは、人肌くらいのぬるま湯で行うのがおすすめです。脂でギトギトの料理をイメージしていただけるとわかりやすいのですが、脂というのは冷えると固形化し、熱を加えるとサラサラになります。冷えて固形化した脂は、当然のことながら洗い落とすのが大変です。冷たい水で洗顔やすすぎをするとメイクが十分に落ちない可能性もあります。

逆に、すすぎの温度を上げすぎてしまうのも問題です。人間は36度前後で元気に活動できるようにできています。40度をこえるようなお湯で顔を洗うと、メイクはよく落ちますが肌はダメージを受けてしまうでしょう。総合的に考えると、お肌への刺激が少ない、体温より数度低い30度から34度程度のぬるま湯を使うのがおすすめです。

洗顔

  • おすすめアイテム:保湿成分入りの無添加の洗顔料

洗顔料も、界面活性剤や合成ポリマーが極力使われていない、無添加の製品を選びましょう。潤いを残して洗うポイントは、これでもかというくらい洗顔料をふわっふわに泡立てること。洗顔ネットなどを使うと、きめ細かい泡がカンタンに作れるので、素肌はこすらずに泡を滑らせるようにして優しく洗います。この方法で洗うと、洗顔後はお肌がしっとりしますよ。市販品の中には、セラミド入りの洗顔料もあるので、そちらを使えば保湿力はさらにアップします。

泡は転がすように優しく

せっかく洗顔料をふわふわに泡立てても、洗うときにゴシゴシこすってしまえば意味はありません。より確実に汚れを落とすために、ついつい顔をこすってしまう人も多いですが、洗顔はつくった泡を優しく転がすように行いましょう。

手を使って顔を洗うのではなく、「手に乗せた泡をまんべんなく顔全体に広げる」イメージです。実際に指や手のひらが肌に触れていなくても、きちんと洗顔料の泡が触れていれば皮脂汚れは落とすことができます。

また、しっかり顔全体へ泡を行き渡らせることができるように、隅々まで広げるのもポイントです。洗い残しがあると、皮膚に負担がかかったりニキビができたりしてしまう可能性があります。

洗顔は1日2回程度に

洗顔は、多くても1日2回までに抑えておきましょう。なぜなら、1日に何回も洗顔すればするほど肌に負担がかかるからです。男性に洗顔と顔用拭き取りシートを使ってもらった場合、肌にどんな影響があるのかを調べた論文[注2]によると、「洗顔を行ったあとは角質の水分量が低下する」ことがわかりました。

男性の肌なのでまったく同じ結果になるとは限りませんが、肌の水分量がへるとハリやツヤにも影響が出てしまいます。皮脂が多くテカりやすい方であっても、洗顔回数を増やすのはおすすめできません。

実際、スキンケア用品の使用頻度等を調査した統計調査[注3]では、「クレンジング化粧品の使用頻度は1日1回程度が55%」で、「洗顔用化粧品の使用は1日2回以上が51%」でした。

この結果から考えると、朝は洗顔料だけで洗顔を行い、夜帰宅してからクレンジングと洗顔を行うのが一般的な洗顔方法となります。

拭くときは水分を吸い取る感じに

洗顔をして泡をきれいにすすぎ終わったら、タオルを使って水分を吸い取るように拭きましょう。洗顔後、タオルで乱暴にこすってしまうと、優しく洗顔をした意味がなくなってしまいます。毛羽立ったタオルでこすると刺激が大きいため、お肌を押さえるように軽く拭き取るのがポイントです。

肌への刺激を少しでも抑えたい場合は、「無撚糸」などの肌触りが優しいタオルを選びましょう。また、顔用のタオルは毎日洗濯しているきれいなものを使うのが鉄則です。水分を拭き取るだけであっても、使い回すとタオルに雑菌が繁殖してしまいます。洗顔してきれいにした肌に、汚れや雑菌を当てるメリットはありません。

セラミド配合の洗顔料の効果は?

洗顔料には、低刺激のものから洗顔力の高いものまで、様々な種類があります。ただ、可能であれば洗顔料にもセラミドなどの成分が配合されている商品を選ぶのがおすすめです。なぜかというと、セラミドは「皮膚に塗る」ことでも肌の水分量やバリア機能が改善したという研究結果[注4]も出ているから。

もちろん、洗顔をする程度の短い時間で望んだ効果を期待できるわけでありません。洗顔料はあくまでも、皮脂などの水やお湯だけでは落ちない汚れを落とすためのもの。基本的に皮膚に負担をかける成分が入っているため、洗顔をすると多少は肌の潤いが失われてしまいます。しかし、たとえ短時間でもセラミドを肌に触れさせておけば、水分量の低下に対策できる可能性があるのです。

また、洗顔料によっては使用後肌がつっぱったり、かゆみが出たりする場合もあります。しっとりとした洗い上がりを希望する場合も、セラミド配合の洗顔料を選びましょう。

セラミドをへらさないために

クレンジングや洗顔でセラミドをへらさないために、セラミドが配合された化粧品の選び方をご紹介します。

セラミド配合の化粧品はどうやって選ぶのが良いか

セラミド配合の化粧品を選ぶ場合は、

  • ヒト型セラミド配合の商品
  • 泡立ちのよいもの

を選びましょう。できれば、複数のセラミドが配合されているとなおよいです。また、商品によって泡立ちのよさが違います。肌への刺激を考えると、泡立ちのよいものがおすすめです。

参考

[1]『食器用洗浄剤の皮膚への影響とモノグリセライド配合による皮膚刺激緩和作用について』CiNii

[2]『フェイス用拭き取りシート化粧料の使用による男性肌への影響について[pdf]』J-STAGE

[3]『スキンケニーズ総合調査 結果報告』JMAR

[4]『 Water-Retaining Function in the Stratum corneum and Its Recovery Properties by Synthetic Pseudoceramides[英文]』ResearchGate

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選