アラサーの主な肌トラブル

アラサー女性がなりやすい4つの肌トラブルや、悩みを解決するためのスキンケアのポイントをまとめました。

アラサーがなりやすい4大肌トラブルとは

お肌の美しさは25歳がピークと言われていて、30歳に突入してからはみるみるうちにトラブルが増えていきます。アラサー女性がなりやすい代表的なお肌の悩みがこちらです。

乾燥しがちな肌質に変わる

30代に入ってから急にお肌が乾燥しはじめる人は、女性の全体の8割もいるそう。お肌がカサカサしてメイクのノリが悪くなったり、肌のハリが失われたり、乾燥が悪化すると敏感肌になり、今まで使っていた化粧品が合わなくなることもあります。

大人ニキビができる

乾燥肌の女性のうち、7割以上の方が悩まされているのが大人ニキビです。乾燥しているのにできる大人ニキビは、加齢によってセラミドが失われることが原因。角質層が厚くなり、皮脂が溜まりやすくなることで発生します。

シワ、シミができ始める

女性が最も恐れるシワやシミは、肌の潤いやバリア機能が低下する30代あたりから徐々に老化現象として現れます。朝起きて、気付いたら目元にシワができていた時のショックは絶大です…。

毛穴が目立つ、肌のキメが荒くなる

肌の新陳代謝機能が低下すると、古い角質がはがれにくくなることで、毛穴が開いたり、肌のキメも荒くなりがちに。20代の時のお肌とは、見た目にも美しさが損なわれてしまうんですね。

アラサー女性は、スキンケア迷子にならないことも大切!

乾燥肌に大人ニキビ、シワ、シミ、毛穴のたるみなど…30代にもなるとお肌の悩みは尽きないもの。いざ肌の老化に直面すると、スキンケアを変えなきゃ!と焦っていろいろな化粧品をジプシーしてしまう、スキンケア迷子が増えているようです。

ですが、30代のお肌は、乾燥しがちなために外部からの刺激にはとても敏感。やみくもにスキンケアを行っては、お肌の状態を悪化させてしまう可能性もあります。

シワやシミ対策、乾燥ニキビの予防など、アラサーのスキンケアで重要なのは、低下したお肌のバリア機能を高めてあげることです。

加齢によって失われたセラミドを補給することで、すべての肌トラブルの根源になっている乾燥を改善して、外部の刺激から守るバリア機能も高めることができます。

まずはセラミドでお肌の調子を安定させてから、物足りなければ各悩み別のアンチエイジング化粧品を試すのが、アラサー女子のスキンケアの秘訣です。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選