毎日の入浴を心がけて

冷えと乾燥肌をダブルで改善できるのが入浴

冷え症に悩む女性はたくさんいますが、体が冷えるとお肌にも悪影響を与えてしまいます。体の冷えは血行不良を引き起こし、お肌のターンオーバーが乱れることで、肌がカサカサに乾燥したり、トラブルを起こしやすくなります。

冷え症の影響で、お肌を守るセラミドが減少している可能性もあるので、とくに30歳を過ぎてからは、冷えは積極的に改善しておきたいところ。

手っとり早く冷え症を改善するには、毎日の入浴が効果的です。

1日の終わりに体を芯から温めることで、血行が良くなり、肌のターンオーバーも整えられます。さらに浴槽からのスチーム効果で、お風呂から上がった後のお肌はもちもちに。とくに半身浴の後は、化粧水がいらないくらいにお肌が潤いますよ。

冷えと乾燥の改善には半身浴が一番ですが、時間がないときには高温反復浴もおすすめです。美肌のためにも、さっそく今日からでも始めてみましょう!

半身浴の方法

  • お湯の温度:38~40度ほど
  • お湯の量:通常の入浴時の半分程度(腰がつかるくらい)

いつもより少しぬるいくらいの温度でお湯を溜めたら、最低20分~お好きなだけ湯船に浸かります。入浴中はヒマなので、雑誌を読んだり、フェイスパックをするのも良いですね。しばらくすると汗がじわじわ出てくるので、必ず水分補給をしながら浸かるようにします。

高温反復浴の方法

  • お湯の温度:40~43度ほど
  • お湯の量:通常の入浴時と同量(肩がつかるくらい)

いつもより少し熱いくらいの温度で、通常の入浴時と同じ量のお湯を溜めます。脱水症状にならないために、この時点でコップ1杯の水を飲んでおきましょう。最初に肩まで湯船に浸かったら、5分入浴します。その後は、5分休憩→3分入浴→5分休憩→3分入浴を繰り返します。休憩のときに体や髪を洗ったり、可能なら冷水を浴びるとより効果的。1回で300~500mlの汗をかくこともあり、入浴後は血色が良くなって、肌に透明感が生まれます。

もっちりうるおう肌にやさしいセラミド化粧品おすすめ5選